デパ帳フォトグラファーズファイル#06山田光子

ログイン

close

ご注文キャンセルについての注意点

  • ・ご使用いただいたクーポン券は、クーポン自体の期限がキャンセル時に有効なものに限り、お客様マイページ内に戻ります。
  • ・キャンセルとご返金のタイミングは異なり、場合によりましては返金にお時間を要します。(詳細は下記参照)
  • ・キャンセルいただいたご注文商品データは、お客様のオンラインカート内に戻ります。内容を再編集されたい場合、元のデータはお客様パソコンにダウンロードいただいた編集ソフト内に保存されております為、編集ソフトより内容を修正の上、再度「ご注文/アップロード」を実行ください。その際、オンラインカート内にて、キャンセルされた旧データと再編集した新データが混在することとなりますため、内容をよくご確認いただいた上でお間違えのないよう、再注文手続きへお進みくださいますようお願い申し上げます。

返金のタイミングについて(決済方法別)

◆クレジットカード決済の場合

キャンセル日の翌平日、カード決済委託会社へ「決済取消」依頼を行います。尚、ご注文日・キャンセル日のタイミングによりましては、一旦引き落としされた後でのご返金となり、この場合、最終的なご返金完了まで、キャンセル日より約1ヶ月程お待ちいただく場合がございます。
つきましては、即時返金となりません場合がございますこと何卒ご理解ご了承くださいますようお願い申し上げます。
詳細につきましては、弊社担当者からの「カード決済取消手続き完了」のお知らせをお待ちください。

◆代金引換の場合

キャンセルが行われたご注文は生産・出荷致しませんためお客様に代金請求は行われません。

◆銀行振込の場合

  1. (1)振込前の状態
    商品代未入金の状態でのキャンセルは、生産・出荷致しませんため、キャンセル後の入金手続きは必要ございません。
  2. (2)振込後の状態
    商品代を既にお振込みいただいた後でのキャンセルの場合、お客様ご指定の銀行口座へ代金を返金致します。お手数ではございますが、デパ帳サイト内「問い合わせフォーム」より、「振込み済み注文をキャンセルした旨」についてご連絡くださいますようお願い申し上げます。
    その後、弊社担当者からの返金手続き案内をお待ちください。 尚、ご希望の返金先銀行口座によりましては、返金手続きの際に発生致します手数料をお客様にご負担いただくこととなりますので、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
    ※手数料発生の際は、手数料分を差し引いた金額でのご返金となります。

上記をよくご確認いただき、ご了承いただけましたら同意確認欄にチェックを入れ、確定ボタンを押してください。
キャンセル確定後にご注文を復元することは致し兼ねますのでご注意ください。

キャンセルについて上記を了承し、同意します。

close

デパ帳メルマガ登録

デパ帳のお得なイベント・キャンペーン情報や新商品情報などお得なメルマガ配信に是非ご登録ください!

デパ帳をどこでお知りになられましたか?

close

ギャラリー投稿の申請

close

Home > インタビュー > デパ帳フォトグラファーズファイル#06山田光子

世界を放浪するブロガー山田光子さんの放浪記&フォト
カメラマンの仕事でコツコツ貯めたお金で、テクテク世界一周を始めた放浪ブロガー、山田光子(Yamada Mitsuko/みっちょん)さんの登場です!これから複数回にわたり、みっちょんさんのルポと写真をフィーチャーします。ちょっとベンチャーでたくましい、でもチャーミングなカメラ女子による世界各地を歩く旅は、アジアや中南米にも及んでいて、普通の旅行ではなかなかお目にかかれない風景や体験でいっぱいです。「お金がなくなったら帰国する」と豪語する彼女のストーリーを、どうぞご堪能ください。

ネパール ―世界最高峰の山脈エベレストのある国― 

旅の始まりは、2015年3月。成田からシンガポールへ飛び、マレーシア、タイ、ミャンマーと巡り、ネパールへ到着したのは4月19日、エベレストのベースキャンプを目指しトレッキングを開始したのは同月25日のことでした。 しかしこの日、後日大きく報道されることとなるネパール大地震が発生したのです。
ネパール
ネパール

首都カトマンズからサンガへ移動。そこで迎えた朝の風景

ネパール

サンガから見下ろす世界遺産の町バクタプルの夜景(被災前)

4月25日

パクディンからナムチェ・バザールへ向かいトレッキングを開始。山道を進み、谷にかかる橋を渡り、川沿いを進んでいると、突然、大きく地面が揺れ始めました。先程まで歩いていた山側の斜面が崩れていくのが見え、同行しているシェルパさんと驚きながらしばらく待つと、そのうち揺れは収まりました。 トレッキングを再開すると、道中落石でケガをしたと思われる外国人登山者の姿も見受けられたものの、その時点でも特に強い警戒心は抱いていませんでした。
ナムチェ(3440m)に到着後も、特に深く考えることなく宿にチェックインし、天候の悪さに少しがっかりした程度で、地震に対しての警戒心はさほどありませんでした。そんな時、再び大きな揺れが起こり宿のロビーで悲鳴が起こりました。 地震に慣れていると思っていても、やはり大きい揺れにはどきっとします。 それでも尚、やはり私の中には大きな警戒心が生まれることはなく、宿のネット不通についてや、節水の事情についてをちょっとだけ考えて、緊張感無く就寝しました。
※ネパールの少数民族、又はヒマラヤの現地人登山ガイドの一般名称

4月26日

高度順応の為に1時間ほどで行けるエベレストビューホテルへ移動を開始。道中、崩れている家屋が多いことに驚きながら、30分ほど歩いた場所にあるエベレストビューポイントに着くとネットが繋がり、突然ご心配のメッセージがたくさん入ってきました。
そこではじめて、日本にも伝わるくらいの大きい地震だったことに驚き、その場でニュースを確認するとかなり被害が大きいことが分かりました。
ホテル行きを断念し宿へ戻ると、そこでは『12時に大きな地震が来る』という噂が流れ、多くの人が広い場所やビューポイントなど、岩が落ちてこない場所へ移動していました。噂とは思っていても、みんなが避難しているので不安になってしまい、結局私自身も高台へ避難しました。
13時ごろ再び大きな地震が来た時には、霧で視界が悪かった為確認はできませんでしたが遠くの山のほうで崖崩れのような音が聞こえました。 騒ぎが収まっても夜に大きな地震がくるというウワサが流れ、町のほとんどの人間が建物から出て広い場所や岩が落ちてこない高台へ避難し、私とシェルパさんも宿の人がいなくなったのと、やはり不安があったのでビニールシートを購入し屋根代わりにし、寝袋にくるまって寒い夜を過ごしました。

4月28日

パクディンから空港のあるルクラへ。 途中道がなくなっていて急斜面を回り道する箇所がありました。 ルクラは空港も含めてとても小さい町で、10分も歩けば町を見て回る程です。 カトマンズに戻りたい人達がたくさんで空港はごったがえしていましたが、この日は昼から天気が崩れた為、飛行機は欠航となってしまいました。

4月29日

方々手を尽くして搭乗できる方法を探しますが、当然のことながら、搭乗は当日出発のチケット所持者、長期間待機していた方、病気や怪我人が優先されます。混雑の中、航空会社の人はすごく大変そうでした。


5月1日

シェルパさんの働きかけでなんとか飛行機に搭乗しカトマンズの中心、タメルへ。
ネパール

サンガからの朝日

ネパール

サンガから望むヒマラヤ 

ネパール

エベレスト街道を引き返しルクラへ

ネパール

カトマンズで。地震後13日目にロウソクの火が灯されました。

ネパール

ポカラという街のペワ湖。朝6時頃の静かな空気の中を散歩

その後

タメル到着後、カトマンズでゲストハウスを経営している日本人オーナーがネパール人スタッフの村へ支援するとのことで、そちらでしばらくの間お手伝いをすることにしました。
お手伝いといっても、オーナーが物資を届けに行く間の留守番や家事が主で直接現地に行ったりはできませんが、できることを少しずつやろうと考えたからです。
カトマンズでは、ネパールの人達の為に動いているたくさんの人たちを見て力強く感じ、誰かを助けたいという気持を肌で感じてなんだか泣きそうになりました。
地震発生から13日後。ネパール市街では弔いの火を灯し、子ども達はその火が消えないように手で守る光景を目にしました。
帰り道、仲良くなったネパールの女の子が『キャンドルも人の命と同じ。いつか消えてしまう。だから生きてるうちに楽しいこと幸せなこと、たくさんしないと』と言ったその言葉がとても心に響きました。
ネパール

ポカラのペワ湖周辺にいた馬

ネパール

ルンビニ村の菩提樹。ブッダが悟りを開いたといわれる樹

林直幸さん
山田 光子 (Yamada Mitsuko/みっちょん)
神奈川県生まれの旅&写真ブロガー。 大手カメラ家電量販店勤務、アミューズメント施設での撮影業務などと並行して、ウェブサイト「たびねす」で旅ライターを経験。子供の頃から旅好きで、大学時代はアルバイトで貯めたお金をすべて旅につぎ込み、社会人になってからもほぼ同様の暮らしぶり。東南アジアを数ヶ月間渡り歩くなどハードな旅をかさねつつも、行きたいところが多すぎて、2015年、ついに世界放浪の旅に出た。
これまでに行った国は、オーストラリア、ニュージーランド、フィンランド、イギリス、イタリア、スイス、フランス、ドイツ、スペイン、バチカン市国、トルコ、チベット、モンゴル、中国、ラオス、ベトナム、カンボジア、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、ネパール、インド、ミャンマー、ペルーなど。  

日々アップされているブログ「みっちょんの世界一周ミッション」はこちら
http://mitsuko-yamada.com/  
山田光子さんフォト&放浪記シリーズ
第1回
第2回
coming soon

山田光子さんの「世界旅行フォトブック」作成予定!

現在進行形で絶賛世界放浪中の山田さんですが、日本に帰国次第デパ帳で
「世界旅行フォトブック(仮)」を作成予定となっております。
完成したフォトブックはサイトにて一般販売も企画しております!乞うご期待!
【デパ帳 フォトグラファーズFILE】とは

写真の業界では、ポートレート、風景、動物、旅、音楽、CMなどなど、さまざまなジャンルで多くのフォトグラファーが活躍しています。デパ帳では、そんなフォトグラファーたちをジャンルフリーでフィーチャーし、デパ帳のフォトアイテムレビューやコラム連載を「デパ帳 フォトグラファーズFILE シリーズ」としてブランド統一いたしました。デパ帳はその品質とともに、情報の発信基地としても、より多くの写真を愛する皆様および写真文化発展に寄与して参ります。