宝物フォトブックのつくりかた #03イヤーブック編

ログイン

close

ご注文キャンセルについての注意点

  • ・ご使用いただいたクーポン券は、クーポン自体の期限がキャンセル時に有効なものに限り、お客様マイページ内に戻ります。
  • ・キャンセルとご返金のタイミングは異なり、場合によりましては返金にお時間を要します。(詳細は下記参照)
  • ・キャンセルいただいたご注文商品データは、お客様のオンラインカート内に戻ります。内容を再編集されたい場合、元のデータはお客様パソコンにダウンロードいただいた編集ソフト内に保存されております為、編集ソフトより内容を修正の上、再度「ご注文/アップロード」を実行ください。その際、オンラインカート内にて、キャンセルされた旧データと再編集した新データが混在することとなりますため、内容をよくご確認いただいた上でお間違えのないよう、再注文手続きへお進みくださいますようお願い申し上げます。

返金のタイミングについて(決済方法別)

◆クレジットカード決済の場合

キャンセル日の翌平日、カード決済委託会社へ「決済取消」依頼を行います。尚、ご注文日・キャンセル日のタイミングによりましては、一旦引き落としされた後でのご返金となり、この場合、最終的なご返金完了まで、キャンセル日より約1ヶ月程お待ちいただく場合がございます。
つきましては、即時返金となりません場合がございますこと何卒ご理解ご了承くださいますようお願い申し上げます。
詳細につきましては、弊社担当者からの「カード決済取消手続き完了」のお知らせをお待ちください。

◆代金引換の場合

キャンセルが行われたご注文は生産・出荷致しませんためお客様に代金請求は行われません。

◆銀行振込の場合

  1. (1)振込前の状態
    商品代未入金の状態でのキャンセルは、生産・出荷致しませんため、キャンセル後の入金手続きは必要ございません。
  2. (2)振込後の状態
    商品代を既にお振込みいただいた後でのキャンセルの場合、お客様ご指定の銀行口座へ代金を返金致します。お手数ではございますが、デパ帳サイト内「問い合わせフォーム」より、「振込み済み注文をキャンセルした旨」についてご連絡くださいますようお願い申し上げます。
    その後、弊社担当者からの返金手続き案内をお待ちください。 尚、ご希望の返金先銀行口座によりましては、返金手続きの際に発生致します手数料をお客様にご負担いただくこととなりますので、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
    ※手数料発生の際は、手数料分を差し引いた金額でのご返金となります。

上記をよくご確認いただき、ご了承いただけましたら同意確認欄にチェックを入れ、確定ボタンを押してください。
キャンセル確定後にご注文を復元することは致し兼ねますのでご注意ください。

キャンセルについて上記を了承し、同意します。

close

デパ帳メルマガ登録

デパ帳のお得なイベント・キャンペーン情報や新商品情報などお得なメルマガ配信に是非ご登録ください!

デパ帳をどこでお知りになられましたか?

close

ギャラリー投稿の申請

close

Home > ワンポイント > 宝物フォトブックのつくりかた #03イヤーブック編

自分でつくるから、たのしい!うれしい!宝物フォトブックのつくりかた【イヤーブック偏】/フォトブック教室「メモアル主宰」 徳本雅美さん

徳本 雅美(とくもと まさみ) 1978年、千葉県生まれ。
デザイン専門学卒業後、2000年に株式会社インクポット入社。同社にて現在までアートディレクターとしてグラフィックデザインやWEBデザイン制作に携わる。プライベートでは2児の母。本業の傍ら、フォトブック制作・教室【メモアル】を立ち上げ、主にママ向けのフォトブック作成レッスンを開講。フォトブックセミナーやイベント出展など、フォトブック普及のための活動も精力的に行っている。

フォトブック制作・教室【メモアル】ホームページ http://memoal.jp

1年間分の写真をまとめるなら、簡単にかわいく作れるフォトブックで。
たくさんの写真の中からどんな写真を選ぶ?どんなレイアウトにする?写真整理をしながら思い出をピックアップ。
フォトブックならではの写真選びのポイントを知って、素敵なイヤーブックをつくりましょう!

写真整理からはじめよう!1年間のまとめフォトブック

デジカメやスマートフォンで手軽に写真が撮れるようになってから、写真データは必然的に膨大になりました。メモアルの生徒さんの1年間の撮影枚数の平均は3,000枚〜5,000枚です。そこからベストショットを見つけるのは大変な作業ですよね。
けれど、ちょっとした写真整理のポイントを押さえることで、1年間のイヤーブックを簡単に素敵にまとめることができます。

☆STEP1  写真データを1カ所に集める
デジカメ、スマートフォン、パソコンなど…いろいろな場所に散在している写真データをメインパソコンに集めることからはじめましょう。
あらかじめ、カメラやスマートフォン上でいらない写真を削除してからパソコンに取り込むことで、この後の写真整理の効率が格段にあがります。

☆STEP2  データをフォルダや写真管理ソフトで管理
一番理想的なのは、フォルダ名を「日付+イベント名」にすることです。イベント名が付けられないような日々の写真は「いろいろ」フォルダに入れます。あまり細かくフォルダ分けをするとかえって目的の写真を見つけにくくなってしまいますので気をつけましょう。
ちなみに写真管理ソフトなどを使うと写真を取り込む際に自動で日付を付けてくれたり、日付を指定して検索などもできるので便利ですよ。

ワンポイントアドバイス:兄弟がいる場合はそれぞれのフォルダを分ける必要はありません。個々の写真だけでまとめられるような七五三や入学式などはイベント毎に名前を付けて別フォルダを作成しましょう。

☆STEP3  フォトブックに使いたい写真だけを残す
STEP2でフォルダ管理する際に、あらかじめいらない写真「ブレた写真」「暗い写真」などは思い切って削除しておきましょう。
その次に、1年分のフォルダをまずはそっくりそのままコピーします。
コピーしたフォルダの中からいらない写真を削除していき、それをフォトブック作成用に使います。いわば写真整理の引き算ですね。
オリジナルは残っているので「使いたい写真だけ」を意識してどんどん減らしていきましょう。

イヤーブックに適した写真とは?

1年間の出来事をまとめるのに必要な写真はズバリ、「季節感がわかる写真」です。春は桜などの花々、夏は入道雲の空など、季節を象徴する写真を撮る事、選ぶのもポイントです。そして写真を選ぶ際には風景や人物の割合をバランスよく選びましょう。
また、写真プリントする時にはあまり選ばないけど、フォトブックにする時には選ばれる写真というのが実はたくさんあります。例えば子どもの成長記録の場合、こどもの写真にプラスα、成長がわかるモノ、場所、関わる人々を残す事でストーリー仕立てのアルバムを作ることができます。

1年間のページのバランスを考えよう

一番簡単な方法は1ヶ月2ページ(1見開き)+イベントページの構成です。写真が少ない月は前後の月と合わせて2ページで構成し、逆に写真が多い月はイベントページとして増やして構成します。月単位でページ構成が難しい場合は「春夏秋冬」の季節でざっくりまとめても良いですね。
デパ帳フォトブックは21ページから2ページ(1見開き)単位でページを追加できるので、作成途中にページが足りない!なんて時にも簡単にページを増やす事ができます。

コメントを入れればより思い出が色鮮やかに

思い出はだんだんと色褪せていきます。けれどアルバムを開けばたくさんのことを思い出します。そこに必要なのが「コメント」です。どこで誰と何をしたのか、難しく考えないで短い文章でOK!ページごとのコメントが難しければ1ヶ月に1コメント添えるだけでも思い出がぐっと色鮮やかになります。フォトブックが出来上がったあとに手書きでコメントを加えても暖かみがあっていいですよね。

1ヶ月1枚、12枚を選んでみよう!

1年間の写真をまとめはじめる前にちょっと手慣らしとして、1月〜12月まで1ヶ月に1枚、12枚の写真を選んでみましょう。その写真を月のベストショットとしてフォトブックのメイン写真に使うのもよし、デパ帳カレンダーにしてお部屋に飾っても素敵ですよ。

カレンダー詳細へ

イヤーブックを作るにはまず自分が撮った写真と向き合うことからはじまります。撮りっぱなしになっている写真データがあれば、ぜひこの機会に自分で、家族で、みんなで見返してみましょう。
写真整理のその先には、楽しいフォトブック作りが待っています。
眠っている写真データを「宝物」にすることができるフォトブック。あなたの、みんなの宝物になるようなイヤーブックにぜひ挑戦してみてください。

▼このページを共有しよう!

Facebookでこのページを共有 Twitterでこのページを共有 Google+でこのページを共有 はてぶでこのページを共有